AKA-博田法とは

  • 当院では、主に外来患者様に対してAKA-博田法(エーケーエー・ハカタホウ)による関節機能障害の治療をおこなっております。AKA(エーケーエー)はarthrokinematic approach の略で、日本語では関節運動学的アプローチと言われています。以下このAKA-博田法についてご説明いたします。

    AKA-博田法は、1979年から博田節夫(ハカタセツオ)医師により開発され、現在もなお改良が加えられている治療法で、もともとは固まってしまった関節を治療するために開発されたものです。その開発・研究過程で痛みやしびれに著しい効果を示すことが分かり、今では痛みの治療法として有名となりました。痛みは仙腸関節(せんちょうかんせつ:下図矢印)が鍵を握っていたのです。

    AKA-博田法は、この仙腸関節を優しく手で動かす治療法です。整体、カイロプラクティック等と決定的に違うのは、医師や理学療法士が医学的根拠に基づいて診断・治療を行う点です。仙腸関節を軽く手で広げたり、関節面を滑らせたりすると悪くなっていた仙腸関節の動きが改善し、痛みが和らぐことを博田医師は多数の腰痛患者において証明しました。改善が期待できるのは腰痛の他に頚部痛、手や足のしびれ、膝痛などです。私(木檜:こぐれ)の研究では、約70%の患者様の慢性腰痛が改善するという結果が出ています。

    AKA-博田法による治療をご希望の方は、原則予約制となっておりますが、当日治療が受けられる場合もございます。また、短期間(1ヶ月程度)入院していただくコースもご用意しております。詳しいことは受け付け事務にお聞きください。

    AKA-博田法による治療をご希望の方は、原則予約制となっておりますが、当日治療が受けられる場合もございます。また、短期間(1ヶ月程度)入院していただくコースもご用意しております。詳しいことは受け付け事務にお聞きください。

    最後に、一日も早く患者様の苦痛が和らぐことを当院スタッフ一同、心より願っております。

    より詳しく知りたい方はこちらをクリック!

    佐倉整形外科病院
    日本AKA医学会指導医 木檜 晃
    日本AKA医学会理学・作業療法士会指導者 真砂 恵一
    2015.4.18
    2016.6.13 改訂

  • より詳しく知りたい方はこちらをクリック!

    ※別ウィンドウでPDFファイルが開きます。