指先から肩までなんなりとご相談ください。

  • 手外科とは一般に、神経が頚椎より出た直後の腕神経叢から肩、肘、指先までの上肢全体を専門とする分野です。人類に今日の発展をもたらしたものは「手」であると言っても過言ではありません。

    「手」は他の部位にみられない繊細な構造を持っています。その神経、腱、血管、靱帯、骨を扱う「手外科」の医師は従来の整形外科の概念から離れ、「手」の特殊性を十分理解し、本来「手」が持っている緻密な機能を再建する高度な技術が必要です。

    ■ 手外科の代表的疾患
    腕神経叢損傷、肘部管症候群、手根管症候群、デュピュイトラン拘縮、キーンベック病、ドケルバン病、テニス肘、神経損傷、神経断裂、神経麻痺、腱損傷、腱断裂、腱鞘炎、ばね指、弾発指、切断指、舟状骨骨折、橈骨頭骨折、橈骨遠位端骨折、合指症、多指症、ガングリオン、爪変形、関節拘縮、変形性関節症

    ■ 「マイクロサージャリー」とは
    手術用顕微鏡を使用して切断された神経、血管などの微細な構造を修復したり、体の別の部分から組織を移植したりする技術を言います。世界で最初に切断した指を再接着する手術に成功したのは、1968年、日本人の玉井先生と小松先生です。

  • 佐倉整形外科病院の写真